« オーダーブーツいかがでしょうか | トップページ | オーダーブーツキャンペーンスタート »

足元の衣替え

そろそろ夏に活躍したサンダルをしまう方も多いでしょうか。

しまうときの注意点を簡単にご紹介します

1.固く絞った雑巾などで靴の底を拭い、泥汚れを落とします。 2.サンダルのインソール部分は、汗を吸っていますし砂汚れも結構ついています。着古したTシャツなどの柔らかい布に(できれば水性の)革用クリーナーをたっぷりとり、汚れを浮かせるようにして拭き取ります。布のきれいな面をだして汚れが付かなくなるまで繰り返します。(シミなどがでないか、目立たないところで試してください) 3.甲革などインソール以外の革も同様に汚れを落とします。 4.革に栄養を与え、乾燥を防ぐためのケアをします。スムースレザーには乳化性クリームを薄く塗り(できれば余分なクリームはブラッシングしてとってしまい)1~5分ほど置いて、柔らかい布で仕上げ拭きをしてツヤをだします。エナメル革にはエナメル用のリキッドなどを使い、失われがちなエナメル樹脂を補いツヤを与えます。 5.水分が残っているので風を通して乾燥させます。日陰の軒下などで2時間から半日くらい放っておきます。(形がこの時にきまるので、甲側をふっくらさせる様に新聞などを丸めて詰めるとよいです。印字色移りには注意) 6.(好みで防水スプレーをふって仕上げます)箱などに乾燥剤と一緒に保管します。

さっと汚れを拭っておくだけでも、カビ防止になります。女性の場合、持っている靴はきっとカラフルですから、ケア用の乳化性クリームを色ごとに全部そろえるのは難しいと思います。まずは無色のソフトタイプ(水分多目)の乳化性クリームと、ビジネス用では黒のクリームの2つを揃えてみてはいかがでしょうか

ちょっとしたお手入れで来年も気持ちよく足を通すことができますよ

従来のマドモアゼルHP:http://homepage3.nifty.com/mademoiselle/

新しいマドモアゼルHP:http://mademoiselle-shoes.com

|

« オーダーブーツいかがでしょうか | トップページ | オーダーブーツキャンペーンスタート »

オーダーメイド靴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足元の衣替え:

» R [R]
R [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 09時22分

» オメガ スピードマスター [オメガ スピードマスター]
"オメガのシーマスターは、海に関わらず日常のシーンでも活躍してくれる時計です。1948年に誕生したオメガのシーマスターには、海の伝説と呼ばれる物語が存在しています。有名なオメガのシーマスターには、「シーマスター120」があります。オメガのシーマスターはこういった伝説からもわかるように、その精度と信頼性による海の冒険を楽しむ人達のサポートをしてきました。... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 10時28分

« オーダーブーツいかがでしょうか | トップページ | オーダーブーツキャンペーンスタート »